ビジネス電話のかける側の注意点

お客様や企業様へビジネス電話をする時は、まず自分の社名と名前を名乗るようにしましょう。案外多いのが、相手の会社名や名前を確認しがちですが、突然掛かってきた場合、一体何処から掛かってきたのか相手は不安になります。まず、自分から名乗り、それから相手の会社名や名前を確認するようにしましょう。要件を簡単に伝え、お話をする時間があるのかの確認をし、大丈夫なようなら、話を進めていきましょう。ビジネス電話のかけ方は、相手を安心させることが大切です。相手の表情を確認することが出来ないので、出来るだけゆっくりと優しい声で話をするようにしましょう。

ビジネスにおける電話の重要性

世の中はIT社会なので、電話は時代遅れのイメージがありますが、実は違います。連絡とか報告は、メールで済ませることが多く、相手の方も自分の都合の良いときに見ることができ、返事もそれなりに余裕を持って出来るので、ビジネスの重要なコミュニケーション手段として、間違いありません。しかし残念ながら、メールには限界があります。微妙なニュアンスを伝えることには無理があります。現に、自分が伝えたいことが本意として伝わらずに誤解を招くこともあります。書いた方と受け取った方の差が出ることがあるということなのです。そこへ行くと電話はホットラインと言うだけあって、この点をカバーしてくれます。つまり、ビジネスでの勝負どころのコミュニケーションは、直接会うのが一番ですが、二番ということに間違いはありません。

↑PAGE TOP